大阪 住吉祭 神輿渡御

Alternative content

Get Adobe Flash player

更新情報

  • 平成27年8月2日
    平成27年の神輿渡御祭は無事終了いたしました。

    ありがとうございました

  • *

  • *
  • 平成26年8月 2日
    平成26年の神輿渡御祭は無事終了いたしました。

    ありがとうございました

  • *

べーらとは

住吉っさんでは、神輿を担ぐときワッショイとは言わずに、「べーら」と声を掛けます。

べーらの掛け声も勇ましく練り歩き、大和川の河中を渡る壮観は大阪夏祭のクライマックスです。

べーらは神輿を盛りたて、地域の活力を増しています。

近年ではベーら寄席が開催され、笑いの文化を広げています。

べーら!

住吉祭とは

住吉大社の夏祭

大阪は夏祭が盛んです。
大阪の三大夏祭は、江戸時代の頃より浪花の庶民の間で「愛染さんに始まり天神さんで中をとり住吉さんで締める」と言われてきました。

住吉大社は、お祓いの神様です。住吉祭は別名「おはらい」とも言われます。

住吉祭は、神輿洗神事から始まり、夏越祓神事、そして神輿渡御祭では神輿を担いだ若者200名が紀州街道を安立町から大和川を渡り、堺市宿院頓宮まで、大規模な範囲で勇壮に練り歩きます。